Jリーグ FC町田ゼルビアとのオフィシャルクラブパートナー契約を締結

 2020年2月20日

Jリーグ FC町田ゼルビアとのオフィシャルクラブパートナー契約を締結

~FC町田ゼルビアを応援します~

株式会社スペシフィック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:森木 恭平、以下スペシフィック)は、このたび、日本プロサッカー2部リーグ(J2リーグ)に所属するFC町田ゼルビアを運営する、株式会社ゼルビア(本社:東京都町田市、代表取締役社長 大友健寿)と2020年シーズンのオフィシャルクラブパートナー契約を締結したことをお知らせいたします。

FC町田ゼルビアは、「サッカーの街・町田を代表するサッカークラブを作る」という考えのもと、1989年に誕生しました。町田市の名を再び全国に届かせるため、FC町田ゼルビアを通じて町田市を元気にするため、活動を続けています。

スペシフィックは、2016年の創業時より常にイノベーティブ セントラル カンパニーを目指し、既存マーケットへ新たな風を起こすことに挑戦し続けてきました。現在は、はたらく障害者のインフラサービスを目指して挑戦を続けています。今回、ホームである地を大切に、地域や次世代の子どもたちの健全な育成と夢の創造に貢献する姿勢に共感し、オフィシャルクラブパートナーとしてサポートすることとなりました。

FC町田ゼルビアホームスタジアムである、町田GIONスタジアムの障害者の方が観られる車椅子スペースにエラビバの広告を掲載致します。また、FC町田ゼルビアのホームタウンである町田市と共に、官民一体となりスポーツを盛り上げることはもちろんのこと、エラビバを通じて町田市の障害者雇用の全面サポートを実現してまいります。

今後スペシフィックは、Jリーグの湘南ベルマーレ、Bリーグ越谷アルファーズに次ぐ、スペシフィックスポーツファミリーの新たなメンバーとして、JリーグFC町田ゼルビアを支援していきます。