障害者向け求人サイト「エラビバ」が 「障害者雇用バンク」にリニューアル

2021年5月6日

登録者数3万人突破!スマホで仕事探しできる日本最大級の障害者求人サイト

障害者向け求人サイト「エラビバ」が「障害者雇用バンク」にリニューアル

~ジョブコーチ常駐のサテライトオフィスを今夏オープン予定~

 

株式会社スペシフィック(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森木 恭平、以下「スペシフィック」)が運営する、スマートフォン一つで日本最大級の障害者向け求人サイト「エラビバ」は、本日より「障害者雇用バンク」に名称をリニューアルします。また、新サービスとなる障害者向けサテライトオフィス「エラビバ」は、今夏第一号オフィスの開設を予定しており、本日より利用企業の事前予約を開始します。

1.概要
障害を持った方は、現在965万人を超えていますが、令和2年における障害者雇用状況は57 万人と、わずか5%しか雇用されていないのが現状です。2021年3月に法定雇用率は2.3%に引き上げられ、従業員43人以上の企業は1人以上障害者を採用する必要があるものの、現在は約半数の企業が未達成の状況となっています。
当社が運営する障害者向け求人サイト「エラビバ」の登録者数は、開設1年で3万人を超え、今後より一層、企業と障害者のミスマッチを防ぎ、1人でも多くの方々が安定した環境で仕事を継続ができるサービス提供を目指し、本日より「障害者雇用バンク」に名称をリニューアルします。
今夏オープン予定となる障害者向けサテライトオフィス「エラビバ」は、企業が採用した障害者の方々が利用することが可能で、専門のジョブコーチが常駐し、体調管理のフォロー、その他障害者雇用の体制整備のコンサルティングまでを行います。障害者を雇用する体制が社内で整っていない企業にとっても、まずは1人から障害者雇用を進めることが可能です。
当社は今後も「”はたらく”に真摯に向き合うことで、世の中を変える会社」を目指し、障害者の雇用促進に寄与してまいります。
出典:厚生労働省HP「令和2年障害者雇用状況の集計結果」https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16030.html

2. 「障害者雇用バンク」サービスサイトをリニューアル
タレントのつるの剛士さんを起用し、サービスサイトをリニューアルしました。
サービスサイトURL  https://syogai-koyo-bank.com/

3.「障害者雇用バンク」の特徴

・3万人が登録する日本最大級の障害者向け求人サイト
就労移行支援情報、ハローワークの求人、人材紹介会社の求人をまとめて見ることができます。

・スマートフォン一つで、自分にあった仕事探しを可能に
いくつものサイトに登録する必要がなくなり、また、出向かなければ見られなかった求人情報が、家にいながら見ることができるようになります。

・Web無料カウンセリングで、障害に応じた就職活動の情報を提供
個々の障害に応じた就職活動の情報を提供することにより、障害を持つ方のより良い就職活動のサポートをします。

4.サテライトオフィス「エラビバ」について

 

「エラビバ」は、新規サービスである障害者向けサテライトオフィスの名称になります。
1名からフレキシブルに障害者の方のサテライトオフィス型雇用が可能です。
業務の切り出しから採用、定着支援や障害者雇用のマネジメントのサポートまでトータルでお任せいただけます。
サテライトオフィス「エラビバ」は、今夏オープン予定です。本日より事前登録企業の募集を開始します。
お問い合わせはこちらから URL https://syogai-koyo-bank.com/support/contact/